06 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

ゆらゆら気ままに

2010年10月22日~ とりあえず始めてみました。まったり更新だと思いますが、温かい目で見守っていただけると幸いです。

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

2013年秋アニメ 簡易感想⑬ 

【Amazon.co.jp限定】COPPELION vol.6 (アニメイラスト描き下ろしブックカバー付き) [Blu-ray]【Amazon.co.jp限定】COPPELION vol.6 (アニメイラスト描き下ろしブックカバー付き) [Blu-ray]
(2014/04/23)
不明

商品詳細を見る


凪のあすから 13話
COPPELION 13話&総評
WHITE ALBUM2 13話&総評(予定)


の簡易感想です。

見ていなかった分を取り戻していかないと・・・って思ってるうちにどんどんアニメがおわっていくう!
そして年末だよー。
▼凪のあすから 13話

はーおもしろすぎる。

光が成長したなぁ。
感情に任せていた光が、自制し周りを見て行動している。
過程があり、こうして結果に繋がるシーンが大好きです。

村が冬眠につくには生贄が必要だったってことなのかな。
光が率先して、皆の協力の元開催されることになったお船引きがこんな結末になるとは。
実際、死人が出てもおかしくないですからね。

まなかが光に伝えたかったこととはなんなのか。
要はどうなったのか。

次回予告を見る限り美海は小学生のままだけど、時間が経った後から始まるのかな。
来年も楽しみです。


▼COPPELION 13話&総評

いやいやいや。
最終的に姉妹が仲間になる・・・だと・・・。
そんな展開誰が予想した?
だって友達になれただって?
楽しんでみてる人には悪いですが、感情移入がこんなにできない作品は珍しいかもしれない。

最後の教頭の台詞がないしで、この後この3人どうなるんだよっていう不安しか残らない終わり方でした。
後から2人ついていったのは姉妹ですかね。
戦った相手が仲間になるパターンは見慣れてるけれど、こんなあっさりするとは思いませんでした。
唯一面白かったのはノーセンスかな。

それでも、スタッフの皆さんお疲れ様でした。

【評価】
脚本:1
人物:2
設定:3
世界観:2
作画:4
音楽:2
演出:1
印象:1
SF:1
アクション:2

19/50点
個人的な評価・・・
スポンサーサイト

Category: .2013年アニメ その他のアニメ(2013年)

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://setumizu.blog136.fc2.com/tb.php/966-006d395e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。