08 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

ゆらゆら気ままに

2010年10月22日~ とりあえず始めてみました。まったり更新だと思いますが、温かい目で見守っていただけると幸いです。

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

2013年秋アニメ 簡易感想① 

アウトブレイク・カンパニー 萌える侵略者1 (講談社ラノベ文庫)アウトブレイク・カンパニー 萌える侵略者1 (講談社ラノベ文庫)
(2011/12/02)
榊 一郎

商品詳細を見る


アウトブレイク・カンパニー
凪のあすから
COPPELION
ゴールデンタイム
ミス・モノクローム
機巧少女は傷つかない
境界の彼方


の簡易感想です。

まだ前期アニメ感想書いてないよ?とか言わない気にしない。
▼アウトブレイク・カンパニー 1話

絵が可愛くて、まんまと見入っちゃいました。
ツインテールのメイドさんとか、本当に夢のようなファンタジー世界ですね。
異世界でバトル物ではない作品は久しぶりかもしれない。
個人的にはかなり面白かったので、今後継続して見ることになりそう。

にしてもあのメイドさんがど真ん中ですわ。
いやーやばいね。
感動できるストーリー好きで有名なたかみち君が、こんな萌え豚アニメを嗜むようになるなんて・・・。
人生何が起こるか分かったもんじゃないね。


▼凪のあすから 1話

海の中に住む人と、陸の上で暮らす人。
昔、人々は海の中で暮らしていたそうですね。
一番最初に思い浮かんだのが、翠星のガルガンティアの銀河同盟とヒディアーズの生い立ちです。

海の中に住む人には特有の生態(?)があって、エラとか言ってたので、地上での行動は制限されているようですね。
また鱗もあるらしいし、やはり普通の人とは違った生態系なのかも。
その点はこの後掘り下げてくれそうだし、でも何よりは少年少女たちの恋愛模様になりそうです。

それよりも、1話目からすごいドロドロしてるんですけども、毎回こんなペースで恋愛模様を描かれていくと私の精神がもたないんですけどもね。


▼COPPELION 1話

背景は好きだったんだけども、廃れた日本で、あの少女たちに何が出来るのか。
まあ何かが起ころうとしているらしいけれども、廃れた世界観が好きな私にとっては絶好のアニメだと思ったのですが、正直私には難しい作品でした。
結局何をやりたいんだろうねぇ・・・。


▼ゴールデンタイム 1話

一番最初に思ったのが、デュラララ!の1話と雰囲気が同じだなーと。
田舎から都会に越してきて、新しい自分を見つけるんだと。
ここでなら何か楽しいことが見つかるかもしれないと。
そんな漠然な気持ちを抱いて上京してきた主人公の姿が、デュラララ!の主人公の帝人君と被りました。

でもデュラララ!のようなファンタジー要素はないようだし、本当にきっぱりとした現実的な作品のようなので、どのように自分を変えていくのかが、重要なヒントになりそうですね。

そういやほっちゃんがOPEDの両方担当していますね。


▼ミス・モノクローム 1話

193億円持っていくとかまじ鬼畜。
区切りがいいように190億円にすればいいのに、何故3億円追加したのか。
きちくですわー、だがそんな幼女にしびれるあこが(ry

何かのバイトのマネージャーだろうなーとは思ってたけど、まさかコンビニだったとは。
オチが最高に面白かった!


▼機巧少女は傷つかない 1話

魔術があり、オートマペットという設定から空の軌跡シリーズが一番最初に思い浮かびました。
ついでにワイズマンという単語も出てくるもの驚きましたけど、あっちはワイスマンですしね。

戦闘の仕組みがいまいち分からなかったけれど、やや面白かったです。←


▼境界の彼方 1話

久々に京アニ制作のアニメを見ましたけれども、相変わらず背景なんか現実と同じように自然な動きをしていますね。
“いかいし”と“ようま”、つまるところ妖怪とそれを倒す人たちがいるっていう設定かな。
現代の町並みでの戦闘っていうのをあまり見慣れないので、なんか新鮮。
スポンサーサイト

Category: .2013年アニメ その他のアニメ(2013年)

tb 1 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://setumizu.blog136.fc2.com/tb.php/923-bc630741
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

アウトブレイク・カンパニー 第1話「気が付けば異世界」 感想

現実世界から異世界へ。 この作品は完全にノーマークでしたが、聞く所によると、原作者が有名らしいですね。 ということで視聴開始です。 TVアニメ「アウトブレイク・カンパニー」オリジナルサウンドトラック(2013/11/20)井内啓二商品詳細を見る

キラシナのアニメ・ゲーム時々教育の百戦錬磨日記 | 2013/10/06 22:07

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。