FC2ブログ
09 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

ゆらゆら気ままに

2010年10月22日~ とりあえず始めてみました。まったり更新だと思いますが、温かい目で見守っていただけると幸いです。

 

2013年春アニメ 簡易感想⑫ 

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。第6巻 (初回限定版) [Blu-ray]やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。第6巻 (初回限定版) [Blu-ray]
(2013/11/27)
江口拓也、早見沙織 他

商品詳細を見る


やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 13話&総評
フォトカノ 13話&総評
変態王子と笑わない猫。 12話&総評
波打際のむろみさん 13話&総評
悪の花 13話&総評
進撃の巨人 13話


の簡易感想です。

遅れを取り戻さないと・・・。
随時更新予定。
▼やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 13話&総評

体育祭は、前回の後日談のような内容。
適材適所。
こういう考えを出すのも、比企谷だけだと思います。
何気に奉仕部で一番結果に繋げる案を出しているのは彼ではないでしょうか。

あっという間に終わってしまいました。
最後まで楽しめる作品でした。

境遇ははがないと似ているかもしれませんが、ストーリー的には全くの逆ですね。
だからこそ面白い!

面白すぎて、このクオリティなら原作はきっともっと面白いんだろうなあ。
手が出てしまいそう。
登場人物の数も、多すぎず少なすぎず、1人が1つ1つの要所を担っていて、物語を進行するのに最適な人数だったと思います。

『ぼっち』な主人公だからこそ、他の大多数の人と違った価値観、捉え方を持っていることが、話の内容を引き立たせるキーワードでした。
正直ラブコメ要素はなくても十分面白いだろうと思ったけれど、そんな感情を持っている主人公だからこそ、展開はテンプレ通りにはいかなくて、充実した内容になるんだなと。

最後までブレない人物たち。
それでも感情というものは必ずしも無いものではなく、人間性というものが全面に押し出された作品であったと思います。

OPも印象が高く、始まりにぴったりの曲でした。

(最高5点)
脚本:5
人物:4
設定:4
世界観:5
作画:5
音楽:5
演出:5
印象:5
ラブコメ:4
ぼっち:5


47/50天

個人的な評価・・・S+


▼フォトカノ 13話&総論

あかん、これあかんやつや・・・。
義妹ってなんだよ!そんなのねーよこんちくしょう!


原作の俺の妹がこんなに可愛いわけがないを読んだ後だと評価がすごい下がってしまいますね。
13話がひどすぎるだけで、他は・・・まぁ結構良かったのもありますけどね。

というわけで、中々最後まで楽しめたこともあり、だけどもやはり少し残念でもあったかなーと思ったのが本音。
ゲームの宣伝という名目でなら、ありっちゃありかな?

(最高5点)
脚本:1
人物:2
設定:1
世界観:1
作画:1
音楽:1
演出:3
印象:1
写真:2
恋愛:1


14/50点

個人的な評価・・・D-


▼変態王子と笑わない猫。 12話&総評

おおう、感動できる真相でした。
でもなんだかなんだで結局はぶひ作品になっちゃった感が。
アニメは終わっちゃったけど、原作は続いているのかな?

作品名通り、変態な王子と笑わない猫ちゃんでした。
それでも変態と思えるほど変態的アクションを起こしてませんでしたし、どちらかというと、変猫全シーンの横寺よりも、『はたらく魔王さま!』の最後のサリエルの1シーンの方が、変態度が強い気がする。

まあでも、作画は安定していたし、予想が外れなく読みやすい展開だったこともあり、ある意味おなかいっぱいになれましたねw

(最高5点)
脚本:2
人物:2
設定:3
世界観:2
作画:5
音楽:2
演出:2
印象:2
ラブコメ:2
変態度:3


24/50点

個人的な評価・・・


▼波打際のむろみさん 13話&総評

マーライオンで爆笑安定とは・・・。
人魚の世界は今日も平和でしたよっと。

やりたいことが分かるから、シンプルで面白いと思える作品でした。
このクオリティなら30分でも良かったと思えるかもしれませんが、15分という短い時間だからこそ感じる部分も違ってくるのだと思います。

最初はつっこんでばかりいましたが、途中からつっこんでは負けだと課題を付けて視聴していましたねw
中盤以降は殆どつっこまなくなりましたが、意外なところに想定外なイレギュラーは存在するもので、そういう意味でも期待を裏切ってくれなかったことが嬉しかったり。

最後は全員集合。
終わり方もインパクトがありましたw

(最高5点)

脚本:4
人物:5
設定:4
世界観:2
作画:4
音楽:3
演出:3
印象:4
ギャグ:5
魚:4


38/50点

個人的な評価・・・


▼悪の花 13話&総評

特にありませんおなかいっぱいです!!!!


▼進撃の巨人 13話

人類初の快挙!
でも結果の裏には犠牲が出ていますし、素直に喜んでいいものかどうか、悩める場面ですね。

作画兵団さんいつもご苦労様です。
ここまで飛び飛びな描写が多いとなると、BDで大幅に修正されそう。
スポンサーサイト



Category: .2013年アニメ その他のアニメ(2013年)

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://setumizu.blog136.fc2.com/tb.php/868-bdef9e02
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)