09 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

ゆらゆら気ままに

2010年10月22日~ とりあえず始めてみました。まったり更新だと思いますが、温かい目で見守っていただけると幸いです。

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

【アニメ】こどものじかん 感想 

こどものじかん 6科目 [DVD]こどものじかん 6科目 [DVD]
(2008/05/23)
喜多村英梨、真堂圭 他

商品詳細を見る


原作を12巻まで読んで、アニメを見ました。
今回はアニメ感想となります。

いやー面白かった。

基本的に原作準拠で進み、時々オリジナルを挟んでいました。
普通オリジナルを挟むと原作やシナリオとのギャップで違和感が出たりするのですが、この作品のオリジナルは素晴らしい出来でした。
キャラと設定を生かしきった、独自な脚本となっています。

シナリオ担当をされたのは岡田麿里さん。
「(あの花で)原作がある脚本を書くのは嫌い。自分で想像し話を作って行きたいから、よく監督さんに怒られたりするんですよね」
と、Cutで言ってましたし、その言葉通り自然なシナリオ改変で、より“こどものじかん”の世界観を引き出せていたと思います。

某少年推理漫画のあのフレーズである、
『見た目は子供、頭脳は大人(アダルト)
がピッタシですねw
まあ彼女らの場合大人の部分がアダr・・・ゴホンゴホン、いえ何にも。
だからこそ、他の子供と比較すると大人びて見えることができ、ギャップ感を楽しむことができます。

ロリ萌え要素が満載で、キャラが可愛いのはもちろんですが、決してそれだけではありません。
子供が持っている可愛らしい一面である無垢さと、思春期渦巻く表(外見)と裏(内面)の感情、また子供たちだけではなく教師側の描写を取り入れることで、より一層“教育”というテーマに深みが増しています。
ただのロリ萌えアニメでは片付けれない作品です。

次は【OVA】2学期を見る予定。

(最高5点)

脚本:5
人物:4
設定:4
世界観:3
音楽:3
作画:5
演出:4
印象:5
ロリ:5
教育:5


43/50点

▼脚本
上に記した通りしっかりとした内容です。
特に6話はレイジの想いが十二分以上に伝わってきた。

▼人物&教育
九重りんの頭脳はませて(大人)いるけれど子供に違いはなく、垣間見れる子供らしい一面のギャップにあり、より一層可愛らしかったです。
また好きな人に振り向いてもらえるようにと自分なりに考えたりと、教師だけでなく子供も成長している様子が伺えました。

▼設定&世界観
こちらはどちらも特筆することはないかな。
スタンダートですしね。

▼音楽
作中BGMのコメディシーンとシリアスシーンのBGMの使い分けが的確でした。
OP/EDもお気に入り。

▼演出
少ないキャラで、感情を表に出させるような雰囲気と、EDのダンスフリフリがお気に入りです。
それから、九重りん役の喜多村英梨さんもイメージしてたりんと違和感のない演技でした。

▼作画
他のアニメと比べると作画は普通なのかもしれませんが、何故5点にしたのかというと、原作絵と似ているからです。
微笑むとき、怒った時などの目つきと、顔の輪郭がよく似てますね。

▼ロリ
やはりこの作品には欠かせないキーワードですねw
むしろこのためだけに原作を読み始めたわけだけど、思った以上に重く、切なく感動できる物語だとは思わなかったです。

個人的な評価・・・
スポンサーサイト

Category: 全般 アニメ関連

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://setumizu.blog136.fc2.com/tb.php/836-1699fccb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。