05 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

ゆらゆら気ままに

2010年10月22日~ とりあえず始めてみました。まったり更新だと思いますが、温かい目で見守っていただけると幸いです。

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

デート・ア・ライブ 第4話「不機嫌な雨」 

デート・ア・ライブ 第2巻 [Blu-ray]デート・ア・ライブ 第2巻 [Blu-ray]
(2013/07/26)
島崎信長、井上麻里奈 他

商品詳細を見る


真実は1つではない・・・。

コナンを否定となww
今のところOPのナレーションが一番はまります。

さて今回は新しい精霊を口説こうの回。
精霊は十香だけでなく、他にも数人確認されているらしいです。
つまり士道がかみにーさまとなって、世界が平和になるように命を代償として戦っていく物語だと。
スケールでかいなw

前回何故キスで裸になるとつっこまざるを得ませんでしたが、ちゃんとした理由があったそうな。
士道は好感度を上げた相手とキスすることによって、相手の霊力を封印できる能力を持っていたのだっ・・・!
いや、うん、まあそんな特殊能力持ってないと主人公やっていけないもんね^^;
そして一度死んだはずなのにコンティニューできたというのも主人公ならではの能力なのでしょう。
ふ、深くはつっこまないでおきたいところだ・・・(震え声

新しく出てきた精霊は四糸乃と書いて“よしの”と読むそうですねー。
人見知りが激しそうだけど、パペットを使っての腹話術なら本心をむき出しに出来るっていう設定がありきたりだが逆にそこがイイ!w
新しく出てきた単語、“天使”というのも気がかりです。

というか今回の話を見て改めて確認させられたのですが、折紙鳶一が士道の事を気に入ってるのに筋が通ってないし、全体的に謎が多すぎます。
AWやSAOのように土台を作ってから本筋に入るのとは逆で、本筋に入ったまま土台を明かしていくパターンですね。
だから分からないことが多い!
士道も自分のことについて分かってないことがあるのだし、それを解明させてから物語に入ったほうが視聴者としても分かりやすいのですが・・・。
3話まで面白かったけど4話で一気に分からなくなったぞ;;
スポンサーサイト

Category: .2013年アニメ デート・ア・ライブ

tb 1 : cm 4   

コメント

No title

たかみちさんこんばんわ!

>つまり士道がかみにーさまとなって、世界が平和になるように命を代償として戦っていく物語だと。

おまけにハーレムが作られていきます。

>そして一度死んだはずなのにコンティニューできたというのも主人公ならではの能力なのでしょう。

これも後に理由が明らかになりますよ。
多分後半あたりですけど。
とりあえず深く考えないで見た方が良いかと。

>新しく出てきた単語、“天使”というのも気がかりです。

実はこの単語新しくなく、精霊の持つ力である武器のことを天使と呼んでいて十香はサンダルフォン、四糸乃はザドキエルと天使の名をとったものになっているのです。
確かそんなだった気が・・・曖昧ですいません。

>というか今回の話を見て改めて確認させられたのですが、折紙鳶一が士道の事を気に入ってるのに筋が通ってないし、全体的に謎が多すぎます。

本編でもまだ語られていない謎です。
一体彼女と士道の間には何があったのだろうか・・・。

>士道も自分のことについて分かってないことがあるのだし、それを解明させてから物語に入ったほうが視聴者としても分かりやすいのですが・・・。

この作品、結構過去にネタバレ要素が多いので違和感ありまくりなんですよね・・・。実際にもうちょっと世界観について詳しく語ってくれればもうちょっとマシなんですけど。

コメ失礼しました!

あんぽんTAN #- | URL | 2013/04/29 00:23 [edit]

No title

たかみちさん、こんにちは。

>天使
この作品の精霊の設定は、セフィロトの木のセフィラに対応しています。
十香の場合、名前に”十”の数字がありますので、第十のセフィラ:”マルクト”に対応しています。
王座に座った若い女性で表される(十香の剣の鞘は玉座です)、神名はアドナイ・メレク(アドナイ・メレクは十香の霊装の名前)。守護天使はサンダルフォン(十香の天使:大剣〈鏖殺公(サンダルフォン)。
四糸乃も同じく、4番のセフィラに対応しています。

>士道
士道の”士”は”十一”に連想されますが、セフィロトの木に十一に対応するセフィラはありません、彼の正体や過去は原作でもわずかしか語れていません、これこそこの作品最大の謎です。

Zax #- | URL | 2013/04/29 16:34 [edit]

Re: No title

>あんぽんさん

こんばんは、コメントどうもです!

な、なるほど。
好意を寄せられないと霊力を封印できないそうですからね。
ハーレムは避けては通れない道なんですね・・・(∩∇`)

精霊の武器となるものを“天使”と。
なるほどご説明ありがとうございます!

折紙鳶一が士道に好意を寄せる理由は原作でも分かっていないとw
なるほど、それは彼らの間に何があったのかすごい気になりますね。

士道の過去のことや、空間震が起こる場合と起こらない場合の違いなど色々と気になるところがありますが、
とりあえず、設定のことは余り深く考えないで、今あるそのままを受け入れて楽しんで行きたいと思います。

ではでは、コメントどうもでしたー。

たかみち #I9hX1OkI | URL | 2013/04/29 22:23 [edit]

Re: No title

>Zaxさん

こんばんは、コメントどうもです!

すごい!
そんな意味があったのですねすごい!!
士道っていう名前にも意味があったのですね。

解説ありがとうございます!
デート・ア・ライブもそうなのですが、これを考えた作者ってすごいなーと思います。
そしてそんな情報を知っていたZaxさんもすごいなーとw

ではでは、コメントどうもでした。

たかみち #I9hX1OkI | URL | 2013/04/29 22:38 [edit]

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://setumizu.blog136.fc2.com/tb.php/814-3251dce2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

◎デート・ア・ライブ第四話不機嫌な雨

シドウ:10%っていってたのに・・・怪我はないか)こないでください。いたくしないでください・四糸乃(よしの)声-野水伊織凸))シドウ、クッキを作ったぞフルイチ))なぜここに)ご...

ぺろぺろキャンディー | 2014/01/12 19:49

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。