05 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

ゆらゆら気ままに

2010年10月22日~ とりあえず始めてみました。まったり更新だと思いますが、温かい目で見守っていただけると幸いです。

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

僕は友達が少ない⑦ 感想 

僕は友達が少ない7 (MF文庫J)僕は友達が少ない7 (MF文庫J)
(2011/09/21)
平坂 読

商品詳細を見る



パソコンを起動するからやりたいことが増えるんですよ。
起動させなければ、それ以外の事をやるんですよ。
つまり何が言いたいかというと、パソコンの電源切っちゃえばラノベ消化に勤しむことができたというわけです。
積まれていた少しのラノベを消化できたので、ぼちぼち感想書いていきます。
まずは、はがない7巻~CONNECTまでの感想からぼちぼちと。
ネタバレ含むので見たくない方はスルーして下さい。

さて本編の感想です。
―感想―

まず小鳩14歳の誕生日おめでとう!
マリアがプレゼントしてくれた十字架のネックレスを大事そうに握り締めながら寝てる挿絵が可愛かった//
にしてもブリキさんは結構ギリギリなラインで小鳩を描いてくれたものですね。
ついテンションがユニバースを迎えそうになってしまいましたよ。

今回も見所は満載でしたが、そうだなあ。
強いていうのであれば、って言ってもどれも同じくらいなんだけど、文化祭の出し物が映画に決まり、映画作りを始めたことですかね。
その過程で、まあ残念な彼らだから色々なことが起こるわけですが、夜空の脚本でのいざこざ。
どうしても夜空は小鷹と青春を謳歌できる役柄に付きたいようで、そのために話や登場人物を変えてまで無理を通そうとするわけですが・・・。

その中で、初めて星奈が夜空に勝った(?)ということ。
ものすごく珍しい光景に吹き出してしまいそうになったのですが、夜空が負けるとまんま星奈と同じパターンだなぁーとw
性格とか全く正反対な2人だけど、似ているところもあるんですね。

夜空は自分のわがままを押し通していただけで、星奈の言うことが正論である。
その真意は、夜空は過去に縛られているけれど星奈はただひたすらに前向きであること
これがはがないの二大ヒロインを分ける特徴なんだと思います。
昔みたいになりたいかorこれから先を進んで行きたいか。
何だか選択肢が現れそうな場面だなーと思ってしまいました。
まぁそれがはがないの目的でもあると分かったのは今巻のラストだったんですが、まぁそれは後で書きます。

次の見所ですが、小鳩の学校内での立ち位置かな。
てっきり小鷹と同じ・・・とはいかないけれど、中二病性から周りから視線が痛かったり残念な感じになってるんじゃないかと思ったんだけど、全くの逆だったーw
金髪(21)で普通に可愛くて、完璧ってわけじゃあないけど成績も運動神経も良くて、何より人見知りする控えめな性格が学校中の人気を集めているのではないでしょうか。

星奈も大体同じような感じだけど、アレは完璧すぎる上、性格が終わってますからねw
小鳩のように性格が控えめで可愛げのあるキャラだったら星奈の人生も違ってたんじゃないかなーと思います。
まあ小鳩は秀才で、星奈は天才すぎたってことかな。

そしてもう1つの見所、それは理科の存在です。
彼女が一番隣人部の中で友達を作ろうとしている…というのは私もそうだと思います。
皆で何をするにしても、それを楽しむためにあらかじめ準備を入念に行ったり、些細なことだと思われていること
1つ1つに対して本気で取り組んでいる姿勢が目立ってましたからね。
ブリキさんの絵はキャラの心情を読み取りやすく描かれていますねー。
資料集を両手で抱えながら笑みを見せる理科は、心の底から隣人部のことが大切で仕方がないような幸せそうな顔をしているように見えました。

物語は今巻から佳境に入っていくのが分かりました。
正確には、今巻のラストからかな。
これはねぇ・・・、理科の言ってることは正しいし、小鷹は逃げてるだけ。

隣人部では普通に男女が入り混じってる中で友達として仲良く(?)やっている。
まあ当然のことだとは思うけれど、小鷹に想いを寄せている子もいるわけで、でも何の進展もない。
理由としては、今思えば小鷹が一定の距離を保っていたように思えます。

何かあれば曖昧にして、茶化して、逃げ続けている。
よくアニメなんかでもありますよね。
ちょっぴり辛口コメントかもしれませんが、ギルティクラウンの集みたいに、小鷹はまだ本当の主人公ではないということ。
理科にあれだけ核心に触れさせられたのにも関わらず、ですよ。
それが“今の”小鷹の答えのようなので、これから変わっていくのかもしれないが・・・。
面白いけれど、アンニュイな感じにさせられた引きでした。

そういえば見所というか、面白いと思ったシーンは、理科がチンピラみたいなキャラで夜空を罵倒するシーンです。
あれには笑わされました。
どんなキャラでもこなすことが出来るのかこいつは・・・w
ハイスペックなやつだなあw

(最高10点)
物語:8

設定:8

人物:9
可愛いは正義。

挿絵:8
可愛いは正義。

文章:9

41/50点
スポンサーサイト

Category: .ライトノベル・漫画・雑誌 MF文庫J

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://setumizu.blog136.fc2.com/tb.php/758-54141429
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。