FC2ブログ
08 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

ゆらゆら気ままに

2010年10月22日~ とりあえず始めてみました。まったり更新だと思いますが、温かい目で見守っていただけると幸いです。

 

僕は友達が少ない 

僕は友達が少ない (MF文庫J)僕は友達が少ない (MF文庫J)
(2009/08/21)
平坂 読

商品詳細を見る


これは最近気になっていた作品。

ネタバレあります
エア友達?なんだそれ?

言葉通りの存在だ。エアギターというものがあるだろう。それの友達版だ。

・・・だめだこいつ、はやくなんとかしないと・・・。


はい、キャラクターですが、本当に残念な人たちしか出てきませんでした(汗)

物語はタイトル通り、友達が少ない主人公が、友達作りのために隣人部というものを立ち上げますが、残念な人たちしか入ってこなく、その残念すぎる人たちと共に残念なストーリーを描いていくという話でした。

あれ、なぜか目から涙が(ry

でもキャラクターは個性豊かで、というかむしろ豊か過ぎて残念なんだけどね(^ω^;)

一番まともであろう(でも残念)なのが主人公の羽瀬川小鷹。日本人の父とイギリス人の母との間に生まれたハーフで、母から受け継いだのが中途半端なプリン色の髪型で、周りからはそのせいで友達がいないという設定でした。

三日月夜空は常に不機嫌そうな態度で、友達なし。
柏崎星奈は容姿とスタイル抜群で男子からちやほやされ、女子からは嫌味な態度を取られ友達なし。
他にも小鷹の残念な妹であるレイシス・ヴィ・フェリシティ・煌(本名:羽瀬川小鳩)などが出てくるけど、どれも痛い残念な子ばかりで、特にうざきゃらもなく、展開する話が面白すぎて終始にやけ顔だったかもしれません(^ω^;)
色々つっこむべき点も主人公が仕事してくれてるので、一般受けする作品だと思います。

①巻読んで面白かったら次も読むと決めているので、②巻~も読み続けています。


個人的な評価 
スポンサーサイト



Category: .ライトノベル・漫画・雑誌 MF文庫J

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://setumizu.blog136.fc2.com/tb.php/68-5d3a6c4b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)