FC2ブログ
09 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

ゆらゆら気ままに

2010年10月22日~ とりあえず始めてみました。まったり更新だと思いますが、温かい目で見守っていただけると幸いです。

 

パパのいうことを聞きなさい!2 


パパのいうことを聞きなさい! 2 (集英社スーパーダッシュ文庫)パパのいうことを聞きなさい! 2 (集英社スーパーダッシュ文庫)
(2010/02/25)
松 智洋

商品詳細を見る



~あらすじ~

飛行機事故で行方不明となった姉夫婦が残した
三人の娘を引き取った大学一年生、瀬川祐太。
池袋の一軒家に移り住んで始まった新生活だが、思春期まっただ中の空、
小学生にして小悪魔な美羽、まだ両親の事故を理解していない保育園児のひなの
三姉妹との暮らしは波乱でいっぱい!
単位不足と学園祭、それに空の中学での人間模様も加わり
新米パパの運命と恋の行方はいかに!?
愛と感動満載で贈るドタバタアットホームラブコメ、第二幕!!


~感想~

表紙の通り、今回は回。
1巻は家族の絆と温かさが伝わってきましたが、今回はそれを視点からスポットが当てられていました。

私の知る中では、ラブコメ作品の主人公の8割以上は天然なんですね。
ヒロインたちが主人公に好意を寄せていても、嫉妬されたりしていても全く気づかないような天然な主人公が多いです。
むしろそういう主人公が、私の中では既に典型的だと判断になっています。

まあ流れでわかると思うけど、今作品の主人公祐太もまさしく天然なのです。
一見からは嫌われているように思っていても、実は好意を持たれていて、それらしい嫉妬もされているのに、でも気づかない。
こういうラブコメが一般的に多いように思われますが、でも面白いんですよね。

何故かというと、まずが初心だからじゃないかなーと思います。
祐太と一緒にいること時点で、意識してしまいます。
抱き寄せられたりしたら、もう真っ赤になってしまい、抱き寄せられた感覚を忘れたくないからお風呂には入らないとか、ホント初心なんだよねー。
そういう可愛らしいところが、面白さをより一層引き出しているのかもしれませんね。

それと彼女の性格ですが、今までは厳しく強気な面しか描かれていなかったので、内弁慶な性格だと知ったときは驚きでしたw
家では強気すぎるほど強気なんだけど、学校など外では凄い内気で恥ずかしがりで、そのギャップの差がとても大きかったです。
は元々可愛いので好意を寄せている男子が多いようで、でも男子は苦手らしく、近寄ってきても苦手だから俯いちゃったりするので、そういう仕草とかも男子共にはたまらないのでしょう。
逆に惹き付けているってことか。

でも何で祐太は大丈夫なのかというと、まあそれは恋心を抱いているとかそういう類の理由じゃないですかね。
人が変わるという言葉がよく理解できるキャラだと思います。

祐理たち親が消息不明になって間もないので、そんな内弁慶な性格だからこそ家ではもっと気を張り、祐理のようになって皆を支えなきゃと思うわけですね。
それで身体を壊すと・・・。

合唱部だったけど退部し、それを快く思わないに好意を抱いている前島大機という男子や、小鳥遊家の向かいに住む正義感溢れる女子高生などが、祐太にあらぬ誤解を抱いてドタバタな展開になっちゃうけど、その中でどれだけ祐太が信頼されていて思われているのか、の気持ちの核心に触れる今回の話は、ベタなようだけどとても良い作品だと思いました。

それとには少しオタク心があるようですね。
リボンがなんだかハルヒに似ているなーと思ってたら、まさしくそうでした(^ω^;)
ていうか祐理と夫との出会いの場がコミケのコスプレだったなんて、驚きですよw

色々と驚かされた1冊でした。
それと笑い要素も上等でした。


(最高5点)
物語:4

設定:4

人物:5

挿絵:5

文章:3
相変わらず場面が切り換るところが分かりにくい。
けどそれは私の読解力が足りないからだt)ry
一人称と三人称が頻繁に使われていますね。

ギャグ:4
さこせんぱい・・・w

個人的な評価 
スポンサーサイト



Category: .ライトノベル・漫画・雑誌 スーパーダッシュ文庫

tb 0 : cm 2   

コメント

こんばんわです^^

松 智洋先生、どこかで聞いたことあるな~って思ってたら迷い猫の著者さんだったんですね。
自分はパパのいうことを聞きなさい!のほうは原作読んだことないのですが、迷い猫はちょっとかじったんでたかみちさんの感想と合わせてどのような雰囲気なのかはつかめた気?がします。

迷い猫の場合タイトルから受ける以上に結構話は重かったですけど、本作もそんな感じがしますね。重いけどその分それを乗り越える過程がうるってくるもんがあるんですよね><

アニメ化もされ、たかみちさんも押してますし、自分も原作買ってみようかな~っと思ってみたり^^

くろハネ #- | URL | 2011/12/20 19:44 [edit]

Re: タイトルなし

>くろハネさん

こんばんわー!

> 松 智洋先生、どこかで聞いたことあるな~って思ってたら迷い猫の著者さんだったんですね。
> 自分はパパのいうことを聞きなさい!のほうは原作読んだことないのですが、迷い猫はちょっとかじったんで>たかみちさんの感想と合わせてどのような雰囲気なのかはつかめた気?がします。
>
>迷い猫の場合タイトルから受ける以上に結構話は重かったですけど、本作もそんな感じがしますね。重いけど>>その分それを乗り越える過程がうるってくるもんがあるんですよね><


「迷い猫」はアニメと漫画しか見ていませんが、タイトルとは裏腹に話がずっしりと重かったですもんね。
既にお気づきの通り、「パパ聞き!」もずっしりときますw
数巻読みましたが、どの話もぐっときちゃうものがあるんですよね。

1つ1つ些細で小さなことだろうけど、それがこの家族達にとっては壁であり、それを乗り越える過程に感動しちゃったりします。

>アニメ化もされ、たかみちさんも押してますし、自分も原作買ってみようかな~っと思ってみたり^^

私の感想が参考になれば良かったかなと思います。
ああ、でもラブコメと表されているけど、ニヤニヤしちゃうというより微笑ましい感じがしますので、そこだけはご注意をw

ではでは、コメントありがとうございましたー!

たかみち #I9hX1OkI | URL | 2011/12/20 22:06 [edit]

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://setumizu.blog136.fc2.com/tb.php/372-a5028adf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)