09 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

ゆらゆら気ままに

2010年10月22日~ とりあえず始めてみました。まったり更新だと思いますが、温かい目で見守っていただけると幸いです。

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

To LOVEる-とらぶる- ダークネス 2巻感想 

To LOVEる―とらぶる― ダークネス 2 (ジャンプコミックス)To LOVEる―とらぶる― ダークネス 2 (ジャンプコミックス)
(2011/07/04)
矢吹 健太朗

商品詳細を見る


読みました。
ネタバレ満載なのでご注意を!
まず一言

エロい!

矢吹神ジャンプスSQに移ってからやりたい放題ですよw
隠すなんて事は全く考えていないように捉えられますねw

さて今回の話ですが、私の好きなヤミ回がありました(*^^*)
といっても、このヤミの話が今巻のメインだと思いますけどね!
この話は最高に良かった。

最初地球に来た頃のヤミは無愛想で感情という2文字を失っているようでしたが、リトララ、そして今では親友と呼べる美柑に出会い、人と触れ合い温もりを知った。

そんなヤミが過去の敵と相対し、親友を人質に取られ葛藤する彼女の姿こそが、今巻の魅力であると思います。
今まで1人で戦ってきたけれど、今では友達という存在がいる。
その事に気づく彼女も、また1人の人なのでしょうね。

ダークネスに移ってからはヤミのモノローグの描写が多くなっているので、そこも見どころですね。

でも一番の見どころといったらやはり、ヤミの笑顔じゃないですかね(*^^*)
今までクールで孤高だった彼女だけど、友達ができ、その中で楽しそうに笑っている彼女の方が私は好きですね。


芽亜の方はヤミを殺人鬼に戻すように目論んでいるようだけど、ナナと友達になり、人との触れ合いも憶えていってるので、ヤミ同様温もりを知って打ち解ける展開になるのかなー。
マスターという存在も気がかりだし、そう簡単には事が進まないような気がしますけどね。

ではでは。

モモの話は割愛します。一言言うなら彼女も主人公なんだなー。
スポンサーサイト

Category: .ライトノベル・漫画・雑誌 漫画

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://setumizu.blog136.fc2.com/tb.php/362-18223303
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。