FC2ブログ
08 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

ゆらゆら気ままに

2010年10月22日~ とりあえず始めてみました。まったり更新だと思いますが、温かい目で見守っていただけると幸いです。

 

ダーリンインザフランキス 簡易感想② 

ダーリン・イン・ザ・フランキス 1(完全生産限定版) [Blu-ray]

継続して見てます。
毎回すっごくおもしろい!

10話まで見たので、簡易感想を書きます。



▼6話 「ダーリン・イン・ザ・フランクス」
王道といったらこれ、主人公覚醒ってやつだね。おもしろかった。
なんでヒロの狂竜化が治まったのかは謎だけど、問題はこれからどうなっていくのか、ってところでしょう。
これで一区切りついたし今までがプロローグ、次からが本番でしょうな。

▼7話 「流星モラトリアム」
水着回!でもみんな同じ水着だし、どっちかっていうと学生気分だよね。
世界描写について、昔人が住んでたような廃家、さまざまな映画ポスター、廃れた世界だったことが示唆されてたのが印象的。
キス、子供の作り方など、みんなは当然のように知らないわけだし、上からは知る必要はないと思われているってことかな。
本当に戦うためだけに生み出されたのだったら、残酷すぎる。
特殊EDなのが力入ってるなぁと思ったし、ED内の水着を本編で見たかったなぁと。w

▼8話 「男の子×女の子」
初っ端からトラブル展開、絶対矢吹さんに描かせるためだけに作った回だな?!って思ったら
内容が濃くて、ギャグから本編へのつなぎがうますぎて笑った。w
以前の13部隊全滅など、ヒロたちの前任の存在も示唆されたし、コドモたちも笑ってるだけじゃ生き抜けない世界なんだなと
最実感した貴重な回だった。
EDは前回と同じ新EDで、こっちに変わったってことだね。半クールずつ変わってくのだったら神としか言いようがない。

▼9話 「トライアングル・ボム」
少し感動した。
ゴローとイチゴの2人にスポットを当てられてて、普段は傍観者でしかいないゴロー視点で描写されてたのがすごいよかった。
本心を表に出したいけど出せない、やさしくてむなしい気持ちに感動した。
パートナーの絆っていうものを感じられた。
そして、ゼロツーが初めて心を開きかけたのかな?狂竜の中に入れそうな入り口があることを、自分から伝えにいった姿勢に「おぉ」となった。ゼロツーもこのメンバーたちを信頼しかけてきているのではないかと、感じられたのがうれしかった。

▼10話 「永遠の街」
世界の核心に迫った回だったなと。
今は情報が不足しすぎているから、今後も目が離せないってことだけ理解した。



▼ 10話までの感想

やっぱり2クール作品だからか?しっかりしたつくりになっているなと思った。
具体的にいうと、7話から戦闘がメインになることはなく、
登場人物の心情の変化だったり、世界について触れるっていうことが主になっているから。
他の1クールアニメと違うのが、そこなんだよね。
どんどん新キャラやヒロインが登場して~ってわけではない。
やすやすとキャラクターの立場が失われないようになっているし、掘り下げもしてくる。
面白いと思える舞台を小出しにしていくことで、謎が謎をよぶおもしろさが生まれる。
そしてキャラたちに感情移入しやすくしている姿勢も好き。
以上のことから丁寧に作られていることを感じられたし、見ている私もすごく楽しめてる。

10話ではじめて街の中に入れたけど、なんっっっっにもないな!
世界について、安直だけど考えられたのが、
・便利になりすぎた世界
・菌が蔓延し、人体に機械などを組み込まなければ生きていけないこと
・その機械の燃料が、マグマ燃料であるということ
・家族のようなぬくもりを感じたことから、コドモたちはオトナたちの遺伝子を引き継いでいること(いわばクローン生命体?)
・しかし今回のおばあちゃんのように、ただ生きているだけで幸せなのだろうか。とも思う。人類の発展に必要なのか?

などが咄嗟に思いついたけど、考察しようにもキーが多すぎてなんとも。
結局、オトナたちの明確な目的がわからないと、適当なことしか思いつかないことがわかった。

ただオトナたちの世界は、今危険を冒してまで部隊にいるコドモたちに比べると、味気無さ過ぎてどうかなぁとも思う。

これからも目が離せないアニメなので、次回も楽しみにしておこう。
スポンサーサイト



Category: 2018年アニメ

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://setumizu.blog136.fc2.com/tb.php/1476-00145676
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)