09 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

ゆらゆら気ままに

2010年10月22日~ とりあえず始めてみました。まったり更新だと思いますが、温かい目で見守っていただけると幸いです。

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

【TVアニメ】クオリディア・コード 感想 

クオリディア・コード 2(完全生産限定版) [Blu-ray]
アニプレックス (2016-10-26)
売り上げランキング: 3,979


貴重な3連休を有意義に使おうと思い、最終日をクオリディア・コードの視聴に費やしました。ええ、有意義すぎるくらい充実した時間でした。

元々名の知れた作者が携わっているとのことだったので、興味はありつつも「結局ラノベテンプレの連続なんだろうな~」と思っていたのですが、友人から勧められたこともあってみてみることにしました。

面白かった。

変猫のさがら総
デアラの橘公司
俺ガイルの渡航

どの小説も、アニメ化されたアニメも一度は読んだこと&見たことがあるので、強い作家性を持つ著者たちが集まるとかえって微妙になるのではないかと思ってたけど、そんなことなかった!毎回引きはしっかりしてるし、落とすところは落としてくる。すげーおもしろかったです。
OPやED変わったときなんかは必ず「おおっ!」ってなるから、そういったときに変化を加えてくるから見せ方もうまいなーと思いました。

好きなキャラは千葉の千種兄妹です。シスブラコン同士の2人のやり取りにがニヤニヤしますね。笑
なんだかんだいいつつ優しい千種霞が一番好きかな。次点で舞姫です。アホさ全開が売りですが、そこが頼れる姉貴肌を感じさせつつもありますね。女キャラではヒメが一番好きですね。無能無能といいながらカナリアや仲間を常に考えている壱弥もよかったけど、殆ど使い物にならないからねぇ。笑 明日葉は妹としての可愛さをフル発揮してましたね。まったり可愛いです。
最後もきれいにしめくくってくれてよかったです。

ラノベ作者・・・あなどれがたし

スポンサーサイト

Category: 2016年アニメ その他のアニメ(2016)

tb 0 : cm 2   

コメント

良い作品でしたね
僕も千種兄妹が一番好きですよ。
ベタベタしすぎないで、それでいて仲が良いのが伝わってくるのがいいです。

ただ全体的に作画がアレだったのと、尺の問題で終盤の掘り下げ(特に敵側の)がイマイチだったせいで世間の評価が低いのが残念ですね。

それぞれの作者の執筆のもと、三組の主人公&ヒロインの過去編と千種兄妹の両親の学生時代を描いたラノベが発売されてますよ。
壱弥は親父の代から、あの一家と相性が悪かった模様(まあ終盤の壱弥と霞はいいコンビでしたが)

他、壱弥とカナリアの出会いと、その前後に起きた事件
舞姫とほたるが再会した際に起きた事件
千種兄妹が周囲の派閥争いに巻き来れたことが発端の事件
が前後編で描かれてます。

なお主人公たちの過去編はアニメと同じクオリディア・コードというタイトルですが、
千種兄妹の両親の学生時代のみ、クズと金貨のクオリディア、というタイトルです

k #- | URL | 2016/10/24 23:26 [edit]

>kさん

>kさん
コメントありがとうございます。

> 良い作品でしたね
> 僕も千種兄妹が一番好きですよ。
> ベタベタしすぎないで、それでいて仲が良いのが伝わってくるのがいいです。

ですです。2人の距離感がよかったです。

> ただ全体的に作画がアレだったのと、尺の問題で終盤の掘り下げ(特に敵側の)がイマイチだったせいで世間の評価が低いのが残念ですね。

作画に関しても最後まで安定しなかったのは残念です。

> それぞれの作者の執筆のもと、三組の主人公&ヒロインの過去編と千種兄妹の両親の学生時代を描いたラノベが発売されてますよ。
> 壱弥は親父の代から、あの一家と相性が悪かった模様(まあ終盤の壱弥と霞はいいコンビでしたが)
>
> 他、壱弥とカナリアの出会いと、その前後に起きた事件
> 舞姫とほたるが再会した際に起きた事件
> 千種兄妹が周囲の派閥争いに巻き来れたことが発端の事件
> が前後編で描かれてます。
>
> なお主人公たちの過去編はアニメと同じクオリディア・コードというタイトルですが、
> 千種兄妹の両親の学生時代のみ、クズと金貨のクオリディア、というタイトルです

私も調べていたのですが、アニメだけでは語りつくせなかったところが結構あるようですね。可能な限りアニメ内で全て出した上でまとめてほしかったです。敵側2人の詳しい描写が少なかったことも頷けます。
前半から中盤は苛烈で濃い展開を見せていただけに、後半での幕引きはあっさりしたように感じられるので、作画だけでなく全体的に甘いところもあったかもしれませんが、それでも私は好きですね。笑
原作版?小説は今のところ読む予定はありませんが、千種兄妹は興味ありますね。コメント、それから情報提供ありがとうございました。

たかみち(か) #jr4Sll1s | URL | 2016/10/29 17:34 [edit]

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://setumizu.blog136.fc2.com/tb.php/1445-126be79a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。