10 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

ゆらゆら気ままに

2010年10月22日~ とりあえず始めてみました。まったり更新だと思いますが、温かい目で見守っていただけると幸いです。

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

2015年夏アニメ 簡易感想 終① 



GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり 12話(終)
がっこうぐらし! 12話(終)
監獄学園 -プリズンスクール- 12話(終)
六花の勇者 12話(終)


以上の簡易感想と簡易総評です。

生活環境が変わったこともあり、忙しい日々でしたが、ようやく落ち着いてきました。
簡易感想、9話らへんから飛んでしまったけど、総評で補完しつつ、今期アニメの感想を終えたいと思います。

記事は2つに分けます。


▼GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり 12話「伊丹なら」

いいところで終わりなんかよー!
「伊丹なら、伊丹なら」ってみんな口を揃えて言うんですね。
伊丹ならどうしてくれるんだろう?ってところで次回に持ち越しかーい!
しかも、「伊丹なら・・・」と期待が立ち込めてきたあとに、2016年1月開始って、1クール待たされるってのが辛いですわなぁ。

伊丹ならどうするのか、乞うご期待しておきます。


-総評-

まだ完結してないから総評つけるのもどうかと思ったけど、半分までの感想ということで。

1話の時点では特に何も思わなかった本作品。
話数が重なるごとに引き込まれていきました。
そして2クールの開始を心待ちにしているほどです。

異世界との交流ファンタジー要素が強く、各国の政治観など混ぜてきてるので、現実味があります。
そんな中、ファンタジーな登場人物たちが可愛らしく、現実味を少し逸脱しつつも、現実を感じさせてくれるギャップが面白く感じるのかもしれません。

「災いと戦乱荒れ狂った年は、まだ半ばを過ぎたばかりだった・・・」
というモノローグで終えるところもよかった。
まだ半分なのか、と逆にこれから展開される話がどう広がっていくのか、楽しみですからね。
もう1クール、待ちましょうかね。



▼がっこうぐらし! 12話(終)「そつぎょう」

誰かがいなくなる、そんな恐れもあったけど・・・何事もなかった^-^

ユキちゃんが現実を直視してくれた!
そのことにより、機転を利かせ、放送室で下校時間のお知らせを始めるユキちゃん。
襲われそうになっていた皆も、放送により音が響いたことで、標的が変わって助かってよかった!

ゾンビになっても身体が覚えているのかもしれない、ってのは本当かもしれませんね。
現に雨が降ってきたから生徒達は学校内に入ろうとしたし、下校時間のお知らせの放送で帰って行ったのも、身体が覚えていたからかもしれません。
都合が良い展開にも見えますが、ノーマルな終わり方でよかったかな。


-総評-

1話から騒がせてくれた、がっこうぐらし!
可愛らしいキャラクターが、ゾンビに埋もれた世界で生きていく、という物語。
まどマギに比べると可愛らしい絶望要素ではあったものの、少女たちが時折見せる負の感情など、心理描写が細かく描かれていたこともあり、少ない登場人物の中で意外と話が広がってて、毎話見るのが楽しみでした。

ユキがめぐねぇと、きちんと決別できたことがよかったかな。
現実を直視しても、ユキはユキのままでしたね。w

では、スタッフの皆様お疲れ様でした。
生活部のみんなも元気でね。



▼監獄学園 -プリズンスクール- 12話(終)「グッドモーニング・プリズン」

最終話で何やってんだこいつら・・・
そう、でもそれが監獄学園のウリですからね。
ということで、最終話にして、エリンギとメデューサのラストバトルのゴングが鳴り響きました。
もうね、花ちゃんがえろ可愛すぎて原作を超えましたわ!!w
中の花ちゃんもよう頑張ったんじゃないかな。w

千代ちゃんの協力もあり、DTO作戦を暴露し、退学は取り消し、男子は監獄を出ることを許されました。
でも、逆に裏生徒会が監獄送りになってしまいましたね。
自業自得だともいうけれども、なんだか寂しい気持ちもあります。
とりあえず、これにて一件落着し、今後の楽しい学園生活に夢が咲きますね。


-総評-

原作の面白さがそのまま表現されてて、ジャンプ作品にも当たりはあるんだなー!と思った作品2つ目です!(因みに1つ目はうまるちゃん)
エロ要素が強いシリアスギャグ学園ラブコメディの監獄学園、終わってみればあっという間でした。
原作も既存の約半分ほどを消化しました。

これにて裏生徒会編は閉幕しましたが、原作ストックはもう半分以上あるので、表生徒会編もやれないことはないでしょうね。
でもしっかり完結してからが良いかな。
もし2期があるなら是非期待したいです。
私は花ちゃん推しですが、キヨシが片思いしている千代ちゃんと、裏生徒会長にスポットが当たるのはむしろこれからなので、期待したい場面が山ほどありますから!w

1クールだけでもうまくまとまってたので、今期で印象が強いアニメの1つになりました。
では、スタッフの皆様おつかれさまです。大変面白かったです!
野郎共、2期で会おう!w



▼六花の勇者 12話(終)「解明の時」

ようここまで引っ張ったなぁ・・・
毎週色んな意味で気になる引き方に惑わされながらも、ようやく解明にまで至りました。
犯人は、当初は思いもしなかったナッシュタニア!
終盤近くでは、彼女の言動が色々おかしかったから、犯人として怪しい人物であるとは踏んでたけど。

ナッシュタニアは世界の全員を救いたいという、元々志してる理想が違ってたので、気づこうと思えば気づけた要素だったのかもしれませんね。
それより、なんで7人目がもう1人いるんだよっ!?

最後の最後に回転ボールを投げてきおった・・・。
でも、7人目が誰であろうと全員凶魔を倒す目的は一緒らしいから、問題はなさそうだけども。
もし2期以降あるとしたら、まーた駆け引きが行われるんかね。一応楽しみではありますが。


-総評-

相当惑わされた作品でした。
龍ヶ嬢奈々々の主人公を彷彿とさせてくれます。
でも、面白かったです。

最後に前半OPを持ってきてくれたのは嬉しかった。
もう一度聴きたかった曲だったので!
2期はあってもなくてもいいと思います。
7人目がもう1人いるという未消化部分は残りますが、締め方は悪くなかったですしね。

では、スタッフの皆様方おつかれさまでした。
彼らの旅に幸あれ!
スポンサーサイト

Category: 2015年アニメ その他のアニメ(2015)

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://setumizu.blog136.fc2.com/tb.php/1325-946d3228
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。