FC2ブログ
10 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

ゆらゆら気ままに

2010年10月22日~ とりあえず始めてみました。まったり更新だと思いますが、温かい目で見守っていただけると幸いです。

 

2015年 大相撲十一月場所 千秋楽 

最後まで気の抜けない大相撲十一月場所でした。

これより三役は、前頭力士の琴勇輝が参戦したんですね。
大関でなかったことが残念ですが、新参として良い経験であったのではないかと思いますね。

気になっていた2つの取組
日馬富士と、白鵬です。
日馬富士が稀勢の里に勝てば優勝確定、負けて白鵬が勝てば決定戦といった、瀬戸際の戦い。

●日馬富士:稀勢の里○
なんしとんじゃー!!!とTV画面前で家族と絶叫を上げました。
稀勢の里の巨体に押されてしまう立会いをしてしまったことも、緊張感からきていたのでしょうかね。

○鶴竜:白鵬●
まさかの鶴竜勝利!
戦績が4-36に対して、5-36に1本取った鶴竜に見せられました。
前回、白鵬がいなかったことで優勝できたといわれていた鶴竜ですが、やるときはやってくれる横綱ですね!
白鵬が足に力が入っていなかったようにも見えたけど気のせいだったのかしら。

お、おう…と疑問が残る千秋楽でした。
大関に負けた横綱:日馬富士
鶴竜が勝ってくれたことで、優勝ができた日馬富士
それでも、結果は結果
地道に1本1本を大切に取り組んできた、日馬富士の実力と努力の賜物ですね。

日馬富士、2年ぶりの優勝おめでとう!

次は大相撲一月場所まで相撲はお預けですね。
巡業行きたいけど時間もないし、金沢まできてほしなー。
スポンサーサイト



Category: 全般 大相撲

tb 0 : cm 0   

学戦都市アスタリスク 第8話「二人の休日②」 



新コンビ、紗夜&綺凛

前回からの続き
紗夜綺凛はタッグを組み、<鳳凰星武祭(フェニックス)>へ向けての訓練中のようですが…
全然息が合ってない(∵)

急造ですもんね。でも大会は近づいているので、うかうかはしていられない!
息を合わせるために行うべきことは、そう、2人の距離を縮め、仲を深めることが一番かと思われます。
そのためには相手を知ること。一緒に遊んで買い物してご飯食べて、それだけで仲を深めることができると思います。

早速紗夜が行きたいというお店に、綺凛というナビゲーター付きで足を運びます。ナビを見てもたどり着けない。あるあるだけど、紗夜の場合は天性の方向音痴が発動してそうですね。
到着したお店はなんとも治安の悪そうなストリートに。
これはガラの悪い連中に襲われるフラグかっ…と思いきやナニモオコラナイ、優しい世界ダネ。
父親が銃を否応に押し付けてきてるのかと思いきや、紗夜は好きなようで、銃に精通しているようですね。

次は綺凛が行きたい場所へ行くことに。
前回、カナヅチで何の役にも立てなかったので、プールで紗夜に泳げる指導をお願いします。
陰で努力した成果として、泳げるようになった姿を綾斗に見せたいとか…健気すぎておいたん前が見えない。
苦手なことを克服する、前向きな姿勢も好感が持てます。
悲報:この子がメインヒロインでない現実。

と、バタ足を止めることができず、知らない人にぶつかってしまいました…って、英梨々!?
似通った金髪ツインテール美少女でした。まぁお胸はこっちの方が大きいですけど(オイ
どうやら相手はクインヴェール女学園の序列35位のようですね。
35位…ざこ…ザコ……つまり……“雑魚い”と?w

怒り心頭となり何も言い返せないことをいいことに綺凛を罵倒しますが、そこを紗夜が助けます。
はたしてどうなのだろうかと思いきや、かませにもならねーじゃねーかっ!つまり雑魚だった…。
だが素晴らしいツインテール美少女だった。久々にツインテール愛が爆発しそうになりました。
ああ、あのかませだけどかませになれないヴァイオレット・ワインバーグちゃん(1回で名前覚えました)の再登場を願います。

決闘に勝利後、何故あそこまで言われて言い返せなかったのか綺凛に問いかけます。
少し気弱なところもあるのでしょうが、綺凛なりに受け止めるべきところだったのでしょうね。というか綺凛が一方的に悪いから当然だとは思うが…。
でもフォローをしっかりとする紗夜は、ホンモノのお姉さんっぽかったです。
序盤から終盤までヒロイン同士の友情を深め合う良い話でした。
今回の二人の休日は、紗夜綺凛のことを指していたようですね。

次回から、<鳳凰星武祭(フェニックス)>が開幕のようですな。
次回予告担当の入れ替わりが雑すぎてツボでしたわ。w
1日だけで仲を深めたタッグに、訓練で追い抜かれる始末。本選での活躍も期待したいでっす。

Cパートもありました。
本編には登場しなかった腹黒ーディアさんと、パパラッチメンが大会に向けて話し合ってました。
レヴォルフ学院から厄介な相手が出てくるようですが、これはぶつかるフラグでしかありませんねぇ…。

今回の結論:主人公がいないだけで面白い!(オイ
もう主人公抜きにしようそうしよう!


何気に、今期で一番楽しく観れている作品です。
これから終盤は大会がメインになりそうなので、戦闘シーンも増えるといいなぁ。
他ヒロインにスポットが当たっている今、ユリスの存在感が果てしなく薄いです。
大会で綾斗とのタッグで存在感をアピールしないとメインヒロインとして立ち位置に疑問を感じそうなので、頑張ってほしいですね。
まぁ私は綺凛ちゃん一筋で応援しますけど、今回の紗夜のお姉さんっぷりには心が揺らぎかけました。
次回も楽しみです。

Category: 2015年アニメ 学戦都市アスタリスク

tb 7 : cm 0