FC2ブログ
11 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 01

ゆらゆら気ままに

2010年10月22日~ とりあえず始めてみました。まったり更新だと思いますが、温かい目で見守っていただけると幸いです。

 

ソードアート・オンライン 第25話(終) 「世界の種子」 & 総評 

血相を変えた須郷さん!
須郷に対して強い殺意があるのは当然だが、人を殺してしまえばそれはただの犯罪者になってしまう。
ゲームと現実の区別をつけれたのは正解!
須郷とは違い、理性を保てた和人に評価を与えたい。

そしてようやくご対面!!
仮想世界とは違う現実感ある雰囲気がどことなく安らぎを与えてました。

後半は、その後の物語。
SAO事件の被害者となった中高生は纏められ、1つの学校で同時に授業を受けていました。


sao オフ会シリカちゃんかわかわ

SAOのオフ会。
ここに集まってるのは、SAOで生き残った人たちなんだよね。
まがいなりにも実力者揃いなんだなーとw

ピザをお皿に乗せるシリカがなんかグッときた!!


sao フェアリィ・ダンス


そしてフェアリィ・ダンス編といわれる所以であろう、妖精の踊り。
キラキラと散る光のエフェクトが神聖な雰囲気を漂わせていました。


そしてキリトが最後に口パクした台詞とは?

私が思うには、

「待ってろよ、ヒースクリフ」

ではないかなーと思います。

ヒースクリフは元々一番最後のボスだった。
そしてネット内に自分の意識をコピーしようとした。

この2点から、アインクラッドの頂上で待っている可能性はありますよね!

ヒースクリフは大きな存在だった。
恨むべきでも、目指すべき対象でもあった。
一度世界の種子を頂いてますし、ヒースクリフの意識が残っていたのは確かなこと。
いつになるか分からないけど、またヒースクリフと対面できる日が来ればいいな

それも含めて(?)、アインクラッドに飛び立っていくキリトたち。
おれ達の戦いはまたここから始まるんだ。

心に残る最後でした。


~総評~


sao 25話エンドカードda

SAO完結!

キリトの旅にようやく終止符を打てました。

ココまで本当に長かった。
色々な人と出会った。
様々な出来事があった。

キリトの長い旅の目的、アスナと現実で対面すること。

最初のキリトは生きてSAOを脱出する事を目標にしていましたが、途中から大切にしたいと思える人を見つけ、その人が生きる糧になってましたね。
茅場を倒し、SAOから脱出できた時点でSAO事件は終わりのハズだった。
でもアスナが生還していないことを知り、まだ事件は続いていた。

キリトさんチートとかよく呼ばれているけれど(いや実際そうなんだけどw)、そのチート力もALOにダイブしたのも、全部が全部、アスナのためだったのですね。
愛する人を助けたい!そして会いたいと思う一心で剣を振るっていたのですね。
信念があるからこそ前に進むことが出来る。言ってしまえばキリトさんは動く信念のような感じでした。
まあ無謀すぎる場面もありましたけど、それはキリトさんの信念がチートと化したみたいな。・・・ご都合と言ってはいけない約束。w

1クール目の前半はSAOの時間軸がバラバラで、1話完結が多く見辛かったですが、後半からはそのまま物語進行する仕様になり、SAOの面白さの本領に入った瞬間でしたね。

個人的に良かった話は、
1話の最後にキリトが叫びながら走っていくシーン。
2話の第1層ボス攻略。
4話のシリカ。
11話、12話のユイ。

それから、15話からのフェアリィ・ダンス編は総合的に見てとても面白かったです。
怒涛の戦い&交差する想いの連鎖で見応えがありました。
現実世界と仮想世界を切り替えながらの展開は、物語が把握しやすく正解だったと思います。

2つの章を重ねて終えることが出来たSAO事件。
長い間頑張り続けたキリトと、その愉快な仲間達に栄光あれ!

2期は期待したいですね。
まだ原作では途中らしいけど、いつかはアインクラッドのてっぺんまで上りつめて欲しいです。

と、かなり長くなりましたが、後味の良い終わり方でした。
最後まで手を抜かず頑張ってくれたアニメ製作スタッフの皆さん、役者の皆さんお疲れ様でした。
2期期待してもいいんですよね?!w


(最高5点)

脚本:4
SAOの中盤の短編がですね。
短編自体は面白いのですけど、時間軸飛び飛びで、現状どんなレベルでいるのか分かりにくかったところもありましたね。

人物:5
シリカちゃんがいるだけで()
キリトさんと愉快な仲間たち。
というか全体的に普通な人が多かったですね。逆にそこがポイントだったり。

設定:5
ここではSAO内、ALO内のゲーム仕様も含めて評価しています。
夢が詰まってるぜ!

音楽:5
戦闘シーンで決まって出るあのBGMが良かった!
一番上手い使いどころは、1話のキリトさんが叫びながらの引きでした。

作画、演出:4
途中崩壊しかけてましたけど、何とか最後まで保ってくれましたね。
SAO、ALOの背景の壮大な景色が素晴らしかった!
世界樹で特攻したキリトの顔は伝説。


個人的な評価・・・A+
スポンサーサイト



Category: .2012年アニメ ソードアート・オンライン

tb 24 : cm 2   

リトルバスターズ! 第12話 「無限に続く青い空を」 

リトルバスターズ! 4 (初回生産限定版) [Blu-ray]リトルバスターズ! 4 (初回生産限定版) [Blu-ray]
(2013/03/27)
堀江由衣、たみやすともえ 他

商品詳細を見る



さらば諭吉ィイイイイ!!!!

やっぱこのネタあったのかw
早速小毬ちゃんの受け売りしてるし、恭介さん気が変わるの早いなw

さて今回から美魚ルートですね。
美魚といえば、忘れてはならないのが短歌イベント!
今まで細かいミニゲ等も全部再現されてきたので、短歌イベントも期待してました。

うーん、やっぱり面白い!
リトバスメンバーが一句ずつ考えて、それをランダムでつなぎ合わせたときのカオスさと言ったらw
僕大巨人は真人か恭介が考えたのだろうなぁw

何より、紙飛行機を見つめては、それをずっと眺め続ける儚げな美魚の表情が寂しさを漂わせていたシーンが個人的に一番評価を与えたい。
白鳥のように・・・と目を細める美魚ちゃんが可愛いくもあり、寂しさもあり、何ともいえない感情がこみ上げてきましたね。


引きも、不可解さが残る終わり方でよかったと思います。
果たして笑うあの子は一体誰なのか!
次回が気になります!

Category: .2012年アニメ リトルバスターズ!

tb 7 : cm 0